和辻整骨院のブログ

2016年7月28日 木曜日

お盆休みのお知らせ&8月限定のサービス


いつも当院をご利用いただきありがとうございます。
お盆休みは8月11日(木)〜14日(日)とさせていただきます。
お盆休みの前に体調を整えてお出かけを楽しんで下さい。

<8月末までの期間限定のサービス>
プラス自費治療1200円⇒800円
特診予約制60分 院長6000円⇒4500円  スタッフ5000円⇒3500円
学生さんのみ超音波観察が無料です。予約していただいた方が助かります。


投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2016年7月22日 金曜日

大原中学陸上部帯同(2016年神戸市総体)

おはようございます。
8月11日(木)〜14日(日)はお盆休みをします
7月17日(日)は当院によく来院してくれる大原中学陸上競技部の神戸市総体にサポートに行かせていただきました。
真剣に競技に取り組む部員さんから、はつらつとした元気と清々しさをいただきました。
なかなか思うような結果が出せずにいる部員さんが多く、サポートする私自身も悔しい思いが沸き上がる一日でした。
結果を出していただいてこその恩返しと思うと反省の多いサポート活動でした。
反省と書いて省みるだけでなく、省いていく事なので、良いところは残し悪いところは無くしシンプルなトレーナー活動を実践していきます。



うちの受付スタッフの応援メッセージが書かれた競技日程




そっからやーーぁ!!」激を入れてもらった高校時代。今も幻聴の様に聞こえてくる。

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2016年7月13日 水曜日

エコー観察症例報告 「疲労骨折」

こんにちは。陸上競技の選手多く来られる当院では、シンスプリント(脛骨内側部痛症候群)や疲労骨折の疑いのある方が来られます。
疲労骨折、その一歩手前という選手は理学所見で大体検討はつきますが、日本整形外科学会のガイドラインに記載が無く未だよくわかっていないシンスプリントとの鑑別は、超音波観察装置(エコー)でみると医師への対診や判断もスムーズです。長距離選手2名の画像を見ていただきます。


一例目ですが、高校1年女子、左脛骨内側中央部辺りが痛くゆっくりのジョグも痛いという訴えの方です。エコー観察をしてみたところこのような画像が得られました。
脛骨内側部にドプラー反応が著明で炎症が強く、血管が新生しているシグナルが出ており、医師に対診したところ1か所目の整形外科では疲労骨折と診断され、2か所の整形外科では疲労骨折の直前の状態であると診断されました。骨表面が曲線を描いている場所で、超音波が垂直にあたりにくく骨皮質の不整が判断しにくく、骨表面のドプラー反応が盛んであり、疲労骨折の好発部位である脛骨内側中央部だったので、医師の高診をお願いしました。



二例目は大腿骨疲労骨折後の回復期にある患者さんです。画面真ん中やや下側の白い線が大腿骨で、その上に半円形で薄く白く盛り上がってる所が患部です。仮骨形成が進んでることが画像から分かります。トレーニングを始めてよいか本人からの依頼で観察しました。
画像で見て異常があっても、機能上問題がないケースがあります。理学所見ありきで画像で確かめるスタンスでエコーは使用する様にしています。



 

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2016年7月 5日 火曜日

エコー観察症例報告 「膝部打撲の関節上嚢の血腫と水腫」

こんにちは。エコーは関節上部の関節包がよく観察出来ます。この袋に関節水腫や血腫が貯まると関節内の内圧が上がり痛みが出ます。今日は強打により膝の関節内に水腫と血腫が貯まった方の画像をご覧いただきます。

患者80歳代女性
自転車を運転中にバランスを乱し、転倒し両膝を打撲する。歩容は膝を伸ばしたままでO脚ですり足で来院されました。


画像の左半分は右ひざで若干の関節水腫が画像でとらえられています。
画像の右半分は左ひざで膝蓋上嚢に白い高エコーの血腫と思われるものが写し出された。


こちらの画像はウチのスタッフ(30歳代女性)の正常な膝の画像です。




当院のMT-MPS治療を2週間にわたり毎日施行することで、左右の膝共に血腫と水腫が減り、腫れがひき施術が奏功した事例です。打撲で筋挫傷した方や関節を強打した方はエコー観察で状態が的確に把握できます。気軽にご相談下さい。



投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31