和辻整骨院のブログ

2013年9月30日 月曜日

Q&A153「 筋肉の役割(特性)は部位によって違いますか?」


みなさん、おはようございます!

いつもブログにアクセスいただきありがとうございます。
今朝は少し暑さが感じます。時の移ろいや僅かな変化を感じられることが
仕事においても大切です。
患者さんが待合室に入ってきた時の雰囲気や表情、挨拶のトーンそんなところ
からも今日の状態や気分を伺い知ることができます。
今日もテレパシィ能力を敏感に、相手の思いを読み取れる共感力を全開に
仕事を楽しみます。



では、今日の質問です。

持久性の高い筋肉は、
  ・ふくらはぎのやや奥にあるヒラメ筋

  ・姿勢を保持する腹筋群や背筋群  などです。

これらの筋肉は、遅筋線維の割合が多くなっています。



筋肉の力強さを発揮するヒザを伸ばす筋肉は「羽状筋」といって、
筋線維が羽のように並んでいる構造をしています。(ふとももの前)

「羽状筋」は断面積当たりの筋線維数が多いので、
筋力を発揮するために向いています。


そしてよく「足がつる現象」を起こすふくらはぎの筋肉(腓腹筋)や
もも裏の筋肉は、2つの関節を超えている事が特徴です。


筋肉によって瞬発力(ジャンプ力など)をだす筋肉、持久力に優れている筋肉
関節の安定性(固定力など)に働く筋肉・・・・役割はうまく分担されています。
                                          和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2013年9月30日 月曜日

Q&A152「患者さんの回復のために意識していただくポイントとは・・・・」




おはようございます。

昨日は久しぶりに修行先の堺で
勉強会がありました。

小林先生はじめ先輩方の尽力でMT- MPS研究会が
再スタートでき、感謝と喜びでいっぱいでした。
受講生さんから共感される喜び、自分もここで学び育てて
もらったんだという感謝の気持ちが自然と沸き上がりました。


MT- MPSの治療法が認められ、多くの患者さんに支持される
ことが自分の夢でもあります。


『広がれば
   いいなと思う
          波動の波(は)』  Nさん





今日は昨日の勉強会での受講生からの質問です。

患者さんに意識付けするポイントとは...

今の現状(症状の原因)を伝え、回復のための日常生活の送り方や
健康への意識付けをしっかりとしてあげることです。

少し危機感の足らない不摂生ばかり人には二十年後、
こうなるかもしれないとか、体を大切にしないと痛い目に
合うとか指導することです。
静養が必要な方には休むように、運動不足や睡眠不足の方
には気をつけるように促すことが大切です。
家でも忘れられない様に日常の送り方を説明して、患者さんの意識を
変えていきましょう。セルフチェックできる方法等を教えてあげるのも
いいでしょうね。

                                            和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2013年9月27日 金曜日

Q&A151「自然音からのエネルギーを感じるには・・・・・」




おはようございます。
今日は野口嘉則 さんが贈る 幸せ成功メルマガ より風流で粋な話が
載っていましたので、我々の健康と幸せに生かせるのではと感じ
紹介します。

我が家も虫の声がよく聞こえてきます。
環境を買うか?便利さを買うか?自宅選びはどちらかですね。
自然の中で暮らす生活にも憧れます。老後の夢においておきます。
往診先でも鈴虫を飼ってる方がいまして、いつも癒されます。

昼間でもリンリンといい声で鳴いています






最近は夜になると、
秋の虫たちの声がずいぶんとにぎやかですね

日本人は古くから、虫の鳴き声を、
秋の風物詩として楽しんできました。



俳句では、「虫の声」は秋の季語になっています。

「盆過ぎて 宵闇暗し 虫の声」 松尾芭蕉

「茨野や 夜は美しき 虫の声」 与謝蕪村

「声々に 虫も夜なべの 騒ぎかな」 小林一茶

「窓の燈の 草にうつるや 虫の声」 正岡子規



虫の鳴き声に風流を感じて、
それを情緒的に味わうという文化は、
日本に特有のものだそうです。

『日本人の脳』の著者である
角田忠信(つのだただのぶ)博士は、

かつてアメリカで研究していたとき、
おもしろい発見をしました。

それは、
欧米人があまり虫の音に気づかないということでした。


欧米人の脳は、
虫の音を雑音として処理してしまうので、

日本人である角田博士が
「虫がにぎやかに鳴いているなあ」と感じるような
場所でも、
欧米人は虫の音をほとんど意識しないのです。


その後、角田博士は研究を続け、
次のことを発見しました。

日本人は、
虫の音や、人の感情音(笑い声、泣き声など)、
自然音(小川のせせらぎ、風や波や雨の音)など、
これらの音を言葉のように、言語脳(左脳)で処理している。


つまり日本人は、
虫の音(鳴き声)や自然音を、
言葉を処理するのと同じ左脳で処理しているのです。

だから日本人は、
「虫の出す音」を「虫の声」として聞くのです。
虫が語りかけてくるように感じるのです。


日本人にとって、木や森や虫や動物たちは、
声をもって語りかけてくるものなのですね。

このような自然観をもっていたからこそ、
古来、日本人は、自然を征服しようと考えるのではなく、
自然と対話し、自然とともに生きようとしてきたのだと思います。



また、
オノマトペ(擬音語や擬態語)がとても豊かに発達して
いるのが、日本語の特徴の一つです。

火は「メラメラ」、雨は「シトシト」、風は「ビュウビュウ」、
小川は「サラサラ」、雷は「ゴロゴロ」、煙は「モクモク」。

まるで自然物が「声」をもっているかのようです。



「自然物にはすべて魂が宿っている」
「森羅万象には神が宿っている」
という日本人の自然観や、

「もののあはれ」「わび」「さび」などの
独特な感性に満ちた文化は、

日本語の特徴からくるところが大きい。
と角田博士は述べています。



ちなみに、
虫の鳴き声や自然音を言語脳(左脳)で処理するのは、
日本人とポリネシアで育った人だけだそうで、

欧米人やアフリカ人や日本を除くアジアの国々の人達は、
自然音を右脳で処理するそうです。


より正確に言いますと、

上記のような脳の処理の違いは、
6歳から9歳までの間にどのような言語環境で育ったか
によって決まるそうです。

たとえば欧米人であっても、
6歳から9歳までの間に日本語(あるいはポリネシアの言語)
を主とする言語環境の中で育ったならば、
自然音を左脳で処理するようになるそうです。

逆に、日本人やポリネシアの人であっても、
6歳から9歳の間に、たとえば英語を主とする言語環境の中
で育ったならば、

自然音を右脳で処理するようになるそうです。


言葉の影響力って大きいんですね。



話が取りとめなくなってきましたので(^^;

最後にもう一句、私の好きな句を紹介します。


「行水の 捨所(すてどころ)なき 虫の声」 上島鬼貫


行水(ぎょうずい)に使った水を捨てたいのだけど、
あたり一面が虫の声で、
どこへ捨ててよいものやら、
捨てる場所が見つからないわけですね。

なんとも優しい気持ちになる句です。


        引用      野口嘉則 が贈る 幸せ成功メルマガ mag2 0000177504 [mailmag@mag2.com]

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2013年9月25日 水曜日

Q&A149「身体の力を抜く自己調整法とは・・・・」

おはようございます。

当院の卒業生S先生、休憩中ふとした時にこんな事を言いました。
「お年寄りはある年齢を過ぎると、かわいいくなり、愛おしくなりますね!」

ワイルドな顔立ちのS先生、そんな事言われると違和感があるなと・・・・・
その時は思いましたが、おじいさんと一緒に生活してたからそんな言葉が
出たのだと思いました。

お年寄りを大切に労う気持ちは医療人としてとても大切です。
S先生、元気に頑張ってるかな・・・・・




では今日のQ&A

よく「リラックス、リラックス、力を抜いて!」と
スポーツの場面でよくいいます。

しかし、なかなか力は抜けないものです。

例えばえんぴつを握って何か書き物をしていると、
知らない間に徐々に余計な力が入り出す。
こういった経験はありませんか?

パソコンなどのデスクワークをしていると、
時間が経ってくると肩や背中にだんだんと
力が入ってきて疲れてしまう。
こういった経験はよくある事でしょう。

スポーツでは力の入れる一瞬にだけに力を入れ、
デスクワークではいかに楽に姿勢保持が出来る
かがポイントになります。

筋肉を治療していて筋肉が硬い方に共通して言える事は、
「普段から自分が力が入り過ぎている事に気付いていない」という事です。

凝っているな、と感じたところは、力が入っていると考えて間違いないです。

力を抜く事が難しいと、多くの方は感じると思います。
「力を解放する」といったイメージを持つといいのではないでしょうか?

体を支える必要な筋肉だけを使い、体の軸や芯はしっかりとさせておきます。
体表近くの筋肉は力ませない事が、体の力を抜くヒントになるのではと思います。


              和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

2013年9月24日 火曜日

Q&A148「和辻整骨院は、いつの時間帯や曜日が比較的空いていますか?」




おはようございます。
明日は修行先の恩師の岩永先生と甲子園に行きます。
私から誘いましたが、快く応じてくれ本当に嬉しく思いました。

甲子園は何度も行ってますが、初めてバックネット裏での観戦です。
スイングの音が聞こえてくる場合があるといいますし、、
ドキドキワクワクします。


今日の質問です。
Q,「和辻整骨院は、いつの時間帯や曜日が比較的空いていますか?」

A,はっきりとは断定できませんが、午前は8時9時台、
  午後は3時~5時台が空いています。
  曜日では火曜日が他の曜日に比べて空いています。
  木・土曜日は午前の診療のみで少し混みますが、
 10時以降です。待ち時間はほとんどありません。(平成25年、9月現在)

 

   

投稿者 株式会社和辻コーポレーション | 記事URL

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31