和辻整骨院のブログ

2016年7月 5日 火曜日

エコー観察症例報告 「膝部打撲の関節上嚢の血腫と水腫」

こんにちは。エコーは関節上部の関節包がよく観察出来ます。この袋に関節水腫や血腫が貯まると関節内の内圧が上がり痛みが出ます。今日は強打により膝の関節内に水腫と血腫が貯まった方の画像をご覧いただきます。

患者80歳代女性
自転車を運転中にバランスを乱し、転倒し両膝を打撲する。歩容は膝を伸ばしたままでO脚ですり足で来院されました。


画像の左半分は右ひざで若干の関節水腫が画像でとらえられています。
画像の右半分は左ひざで膝蓋上嚢に白い高エコーの血腫と思われるものが写し出された。


こちらの画像はウチのスタッフ(30歳代女性)の正常な膝の画像です。




当院のMT-MPS治療を2週間にわたり毎日施行することで、左右の膝共に血腫と水腫が減り、腫れがひき施術が奏功した事例です。打撲で筋挫傷した方や関節を強打した方はエコー観察で状態が的確に把握できます。気軽にご相談下さい。





投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30