和辻整骨院のブログ

2015年8月22日 土曜日

2015年 兵庫県陸上ユース大会トレーナー活動

おはようございます。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
世界陸上が中国・北京で昨日から行われいます。2015年兵庫県高校のユース(学年別)大会も先週の木・金・土曜とユニバー競技場で行われていました。
過密な競技スケジュールをこなす選手のことを考えると、いてもたってもおれず 金土曜の午前診療が終わったらユニバー競技場の長田高校の陣地に向かいました。
この日は多くの部員さんが出場されます。陸上競技の中で最も過酷な種目の一つである400ハードルが行われ、男子チームの支柱でありこの種目で3位以内を目指す平畑君(長田高校)をはじめ部員の皆さんのサポートに行ってきました。チームの中心的選手でケアが必要な部員さんもいましたが、個人種目とリレー種目を兼ねている部員さんは過密すぎて陣地に帰って来れない部員さんも多数いました。

写真は県総体2015年のマイルリレーを力走する平畑君

昨日も400メートルを三本、400メートルリレーを二本走り疲労困憊の状態を少しでも緩和させてあげたい思いで準決勝後の平畑くんの足に貯まった乳酸を取りのぞきます。彼は高校に入りたての頃は400メートルを54秒くらいの記録で走っていた部員さんですが、今では400メートル障害で同等の記録で走破していて、あと0・3秒短縮すると日本ユース(参加標準記録54秒5)に出られる飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長している部員さんです。
3位に入賞し近畿ユースに出れる様に念を入れてケアを済ませ、3時から始まる午後診療に向かうために競技場を後にしました。
院で仕事してると7時前に彼から電話があり、7時半くらいに行かせて欲しいと・・・あっこれは3位に入ったなとピーンときました。わざわざ報告に来てくれてありがとう!おめでとう!近畿ユースで日本ユース(参加標準記録54秒5)をクリアーして下さい。

翌日の最終日も大会のフィナーレで盛り上がる男子のマイルリレーや和三さんの100メートル障害などが3位に入賞し近畿ユースを狙える種目です。
ちょうど午前診療が終わった頃に準決勝が行われ、ダウンを終えて陣地に戻ってくる頃です。アイスマッサージは他の部員さんが手際よくやってくれ、選手をうちわで扇ぐ部員さんや日傘をさして直射日光を遮る部員さんもいていつも長田生の協調性の高いチームプレーには感心させられます。
そういうあたたかな雰囲気の中、ケアする私も心が温かくなります。彼らはいつも自然体で淡々粛々と継続して行動できる強みがあり、いつでも現状を受け入れ集中して平常心で力をだせるようなメンタリティを持っているように感じます。いちいちイライラしない自制のきく耐性ある大人なんですね。
「顧問の井上先生や福田先生を喜ばせてね!」「いい遺伝子を先祖から引き継げて感謝してね!」と選手をアップに送り出します。
先日、世界マスターズでハードルで世界一になられた福田先生の指導を受ける和三さんの100Mハードルは圧巻の強さでした。https://www.youtube.com/watch?v=6Iyvu5whYJ8 
http://youtu.be/nfothfT77-s 右から3人目福田先生の世界マスターズの映像です みぎみ
昨日も五本走っていて太ももの裏の疲労は相当なものでしたが、流れる様なダイナミックな大きな動きは美しいと感動しながら、急いでスタッフの待ってる歓送迎会の会場に向かいました。
部員の皆さんいつもありがとうございます。暑い中の競技お疲れ様でした。
次は9月6日の神戸市選手権(点取り)でサポート致します。         和辻整骨院

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30