和辻整骨院のブログ

2014年9月 8日 月曜日

長田高校陸上部トレーナー活動

こんにちは。
去る9月7日(日)神戸市高校選手権のサポートに行ってきました。
顧問の先生や生徒さんのご理解でスポーツの現場での活動が出来、感謝しています。
またスタッフの協力で地域の高校の奉仕活動が出来ることは、3年前からすると
夢の様です。




和辻整骨院は平成13年に開院しまして、
平成19年位までは私の母を含め個人の家業として営んでおりましたが、20年に法人化しました。
当時、「法人化するということは、今までと違う人格をもつことです。」そう税理士さんから言われたのをはっきり覚えています。
「人を育てることが全てと言ってもいいですよ」懇意にしてくれていた社会保険労務士の先生も眼力を込めて仰っていただきました。

背筋が引き締まる様な思いで始めた法人化でしたが、私の精進が不充分で徳性・人格・人望・・・全て欠落しており、スタッフからは患者さんがいるけど私の業務は済んだので早く上がりたいだの、労基署に行かれ残業代を請求されたり、組織の内部崩壊で一度に治療者の全スタッフ三人が辞めさせたり、辞めたりで大変な思いをしたのが懐かしく苦い思い出に色あせています。
後になって振り返り思うと「起こることは全て必然・必要」でベストなタイミングで起こっているものです。自分の身に起こることは、すべて自分が引き寄せている。自分の心の成長を願い、様々なトラブルが教えてくれていると考えられます。

私があの時もっとひたむきで奉仕の精神の背中をスタッフに見せていたならあのようにはならなかったと、当時いたスタッフには大変申し訳なく内省するばかりです。「自分にふさわしい人が周りにいる」と考えると自分の成長が急務であることがいえます。


徳高志満という言葉がありますが、人間性が高まらないと志は成就しないという様な意味だったと思います。本心から自分の至らなさを省みて働いてこそ、目標や使命感が湧きあがる。今はそう思います。

昨日の長田高校の戦いぶりを見ていても、個人種目のスポーツでも個々が輝く事でチーム全体を触発させ、男女共に総合2位という結果を残しました。
http://www.haaa.jp/~kobe/  神戸市高校選手権の試合の結果はこちらから

校訓が確か「知徳体の調和的協調」だったと思いますが、クラブ活動でそれを実現する彼らを見て見習うべき所が多い一日でした。
人間性が高くなってこそ、目標や志が成就できる。そう自問自答しながら日々を送りたい。              










投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31