和辻整骨院のブログ

2014年1月 9日 木曜日

スノーボード・スキーでの怪我

おはようございます。
冬期になると多くのスキーヤー、スノーボーダーがウインタースポーツを楽しみます。特に長野オリンピック以降の1990年代中頃から急激にスノーボーダーが増加し、それに伴って、スキー・スノーボードに伴う外傷も増加しました。

当院にも6日(月)にスノーボードで転倒し、肘が伸びる方向に手をついた際に肘のやや上方(上腕三頭筋遠位)の筋挫傷で患者さんが来られました。
幸いにも過度の伸展力がかかっていなかったので、肘の脱臼には至らなくて良かったです。
スノーボードは転倒し手をつくケースが多く、手首の骨折も非常に多いです。
スキー・スノボは午後の怪我が非常に多いそうです。おそらく寝不足や疲労・注意力不足等が原因してると思います。


怪我の起こりやすい条件を記しましたので、予防に役立てて下さい

●ウォーミングアップやストレッチの不足
● 各筋群のバランスが取れていない
● 間違ったフォームでの動作
● 筋肉の柔軟性が足りない
● 筋力や筋持久力が低い
●寝不足=脳の疲労、身体的疲労の蓄積
●単調な同じメニューを繰り返す
●疲労困憊の状態で慣れない動作をする       等々


投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30