和辻整骨院のブログ

2013年9月 3日 火曜日

Q.127「夫婦関係が・・・・」

おはようございます。
身体の悩みと関係ないやん!という声が聞こえてきそうですが・・・。
でも、一番身近な人の関係が自分の健康のカギを握ってると思います。
同業者の整骨院の先生仲間の声には,患者さんのためを思えば
朝早くから夜遅くまで少しでも多くの方を診たいな。そんな声をよく聞きます。
私も朝6時半に院に行き、自宅に帰るのは7時半から8時です。私は、帰るのは早い方です。
整骨院の先生は骨休みどころか家族との時間をとるのがなかなか難しいのです。


奥さん方は、たまには家族の時間が欲しいと言います。
私たちは患者さんと家族の板挟みになります。
どちらも大事ですが、どちらにもいい顔はできません。

いつの間にか家族に対しては、
「そのうち、今度ね」
と言っているうちにだんだんあてにされなくなり、
夫婦、親子の関係が希薄になっていくわけです。






昨日は25年来の親友の元田さんと昨日は食事に行き、
「夫婦間のだいたいの問題は子供が解決してくれる」 と教えてくれました。

「まさに その通り!!」と昨日、彼のお勧めのカレー(エムカレー)を食べながら彼と会話しました。
子供がいない人は・・・・・・乗り越えられる関係だから大丈夫と思います。
子は鎹(かすがい)とよく言ったもので、鎹とは大工さんが使う木と木をつなぐ金具の様なものです。


先輩からも以前にこんな言葉をメールでいただきました。
「子供の成長と共にしてあげられる事は変わっていくのですが、その時その時してあげられる事は期間限定なんです。今もそう思いますが、振り返ると、よりそう思います。子供の未来や成長は先が長いですが、子供の今を大事にしたいですね。」

男はついつい先を見てしまいがちですが、女性は今が大切なんだと気付かされました。  
殆どの奥様方は、さびしい思いと、我慢をしているのです。

子供が今関心を持ってる事に全力で関わるようにします。
「子供が泣くのは親と一緒にいたいから。
子供が笑うのは親と一緒にいれるうれしさから」
 そう思えば、希薄な関係は終息するのではないでしょうか。
まだまだ修行が足りません。

                                                            和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30