和辻整骨院のブログ

2013年8月22日 木曜日

Q.116「どんな姿勢で座るのが理想ですか?」

おはようございます。

患者さんからデスクワークをしていると姿勢が悪くなるとよく相談されます。
良い姿勢を保つポイントは骨盤を立てておくことで、背骨の真上に頭がのり、首や肩・背中の筋肉の負担がかなり減ります。骨で身体を支えるイメージです。皿回ししているイメージに近いですかね。
背骨が棒で、皿が頭の関係になります。

下記の図を参考にしてください。



骨盤が後傾してるのが、左端。前傾してるのが真ん中、理想的なのが右端になります。
良い姿勢=胸を張るというイメージの方が多いと思いますが、骨盤をおこし立腰させてこそ、楽に長くよい姿勢がキープできます。椅子の上でも正座すると楽という方が多くいますが、あの感じです。
因みに男性がよくやるあぐら姿勢、これは骨盤がどうしても後傾してしまい、背中の筋肉には大きな負担がかかります。下図参照。また、女性に多い真ん中のBの様な座りか方も腹筋に力を入れず、腰を反らしてすぎているために腰痛の原因になります。理想的な右端の座りかたは、お腹の奥の腸腰筋が働く座りかたになっている点が、他の2つと大きく異なるところではないかと推測します。

    平成22年12月 手技療法研究会アドバンスコース  筋臨床運動学補足資料より引用



最後まで読んでいただきありがとうございました。                      和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30