和辻整骨院のブログ

2013年8月 4日 日曜日

Q,101「交通事故の基礎知識④」

おはようございます。
最近では、自転車の事故が増えています。
歩行中であれ、自分が運転中であれ気をつけたいものです。自転車によく乗る方は個人賠償保険を自動車保険の特約で付帯できますので加入される事をお勧めします。

自動車・原付の自賠責保険の慰謝料の計算方法は?

「治療期間」と、「実治療日数×2」を比較し、少ない方を通院期間とし、それに、4200円をかけて慰謝料を計算します。何故このような算出方法なのか?私も疑問です。

・治療期間とは、治療開始日から治療終了日までの日数
・実治療日数とは、実際に治療のため病院・整骨院に行った日数

例えば、
7月3日に事故に遭い、7月3日、7月4日、7月6日、7月10日、7月12日、7月13日、7月15日、7月17日、7月22日、7月25日、7月28日と通院した場合は、治療期間は26日(3日~28日)、実治療日数は1 1日になります。

26        → 26 治療期間
11 × 2 = 22 → 22 実治療日数を2倍した数字
少ない方の22を採用し 4200円をかけると、 慰謝料は 92,400円

同じ期間で実治療日数が16日の場合では

26         → 26  治療期間
16 × 2=32    → 32 実治療日数を2倍した数字
少ない方の26を採用し4200円をかけると、 慰謝料は  109,200円

・このように治療期間が長くても実治療日数が少なければ慰謝料も少なくなります。
ということは一カ月に12600円(30日×4200円)が慰謝料として受け取れる上限となります。


詳しくは保険のプロ  http://www.assure-fc.com/

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30