和辻整骨院のブログ

2013年8月 8日 木曜日

Q.106「交通事故の基礎知識⑨」

おはようございます。

患者さんから相談を受けた事ですが、
加害者側の保険会社さんから治療の打ち切りを迫られたという内容です。

保険会社の事故担当は実際に一度も患者さんを診たこともないのに
患者さんの話だけを聞いて、治療の終了を促してくるケースがあります。

良くも悪くもならない状態(症状固定)は我々や最終的には医師が判断することなので、
保険会社さんに催促されても、整骨院や医師に相談すると言うといいでしょう。

もちろん、負傷した時の重症度や車などの物損程度により、ある程度の治療期間は想定できますが、治るスピードの個人差も考慮されますので安心して下さい。治療頻度も判断基準の一つです。

実際に痛み苦しみがある被害者は正当な治療を受ける権利があります。それを保証するのも保険会社の義務なのです。被害者なのに追いつめられて精神的ストレスを負う方も多いので、しっかりと自分の身体を1番に考えてください。

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31