和辻整骨院のブログ

2013年7月 8日 月曜日

Q.88「暑い夜に安眠できる快眠術とは?その②」

みなさん、おはようございます!

もう早くも7月も9日です。昨日は梅雨明け宣言が出ました。
連休までもう一息なので顔晴りましょう。


昨日に続いて、不眠で悩む方へのワンポイントアドバイス

高校時代、陸上競技部でコーチとしてお世話になっていた先生から聞いたアドバイスです。
試合の何日か前から、布団の上で行うリラックス法です。

寝る前になっても、自分のよく使う部位は無意識に力が入っているものです。

私は仕事柄、手や腕や肩や背中や足(ほぼ全身)をよく使うので、
足先から頭のてっぺんまで意識して力を抜くよう、暗示をかけていきます。

手や足は、軽く熱感やほてりがある時、同じリズムと振り幅でゆすってやります。
魚の尾びれのように振っていると自然に力が抜け、脱力感でいつまでも揺れています。

だんだんと下半身から上半身へと、「まだ力を入れているぞ!もっと解緊できるはず」と暗示をかけます。

肩や首、そして顔面のあごやこめかみ、まゆの間、昨日にも取り上げた眼なども
力をほどいていきます。



             和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31