和辻整骨院のブログ

2013年6月 4日 火曜日

Q.60 母が「五十肩」というのですが、どんな病気ですか?

こんにちは。

今回は、「五十肩」について、お話したいと思います。

「五十肩」とは、50代の方に起こりやすいため、このように言われるのですが、その肩の痛みは、衣服の着脱も出来ないほど日常生活に影響を及ぼす厄介な病気です。
「五十肩」の症状として挙げられるのが、「肩から腕にかけての痛み」と「腕の動きが制限されること」です。
痛む場所は、肩から上腕(いわゆる二の腕)にかけてが多く、初めは肩を動かすときに痛むだけですが、症状が進むと、動かさなくても肩が疼くように痛み、思うように腕が上がらなくなります。
「五十肩」は、時間がたつと不思議と炎症が治まるのですが、肩の動きが悪くなったままというのが、この症状の困ったところです。

「五十肩」は、自然に治る病気といわれています。
痛みが起こってから、早い人で3カ月から半年、長い人は1年ぐらいで治癒します。
しかし、中でも運動制限が非常に強い人は、長くかかる傾向があります。
痛みが消えても、腕の動きが元に戻らない方もいらっしゃいますので、一度専門のところに診てもらうのがベストです。

治療方法も様々ですが、まず肩を温めるのがいいでしょう。
入浴はぬるま湯で、ゆったりと浸かってください。

症状に心配を覚える方は、遠慮なく気軽にご相談ください。     和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31