和辻整骨院のブログ

2013年5月26日 日曜日

Q.52 「抱っこによる腰の痛みは、自然に治りますか」


おはようございます。

今日は、子育て中のお母さんからの、抱っこによる腰の痛みに関する質問です。
子育ては、とっても体を使います。
妊娠中はお腹の赤ちゃんを支えたり、出産後は、生まれてきた我が子を抱いたりと、腰や手足に今まで経験しなかった負荷が毎日かかっています。
「出産で腰を痛めて重いものを持つのが辛い」「慣れない授乳や抱っこで、腕が腱鞘炎になってしまった」「子どもを抱っこしながら作業していると、片方の足に重心がかかって足がだるい」などの症状を訴えるママが、少なからずいると思います。

腰痛や手足のシビレなどの症状は、筋肉が疲労して固まり、コリとなって痛みを引き起こすからなのです。
残念ながら、これは放っておいても治りません。
しばらくして痛みを感じなくなることもありますが、それは筋肉の奥深くにコリが潜み、より一層固まっていくからです。
固まったコリを放っておくと、重いものを持ち上げたり、仕事などをしようと力を入れたときに、強烈な痛みを招く結果になります。

授乳や抱っこなど、毎日の育児に体が悲鳴をあげているママは我慢せず、早めに相談にいらしてください。

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31