和辻整骨院のブログ

2013年4月25日 木曜日

Q.26「スポーツ障害の方への筋肉治療とは」

おはようございます。

日曜日はうちのスタッフの芝君の結婚式です。祝辞を述べるのも楽しみです。記念に残るスピーチができます様に・・・・



当院には、日常生活での肩や腰の痛みで来られている方もいらっしゃいますが、スポーツをされている学生や社会人の方が多く来院されています。スポーツ全般を診させていただいていますが、特に市民マラソンランナーやジムでトレーニングしている方、ママさんバレー、卓球、テニス、ゴルフ、野球などをされている方が多く、また高校の陸上部のサポートもさせていただいています。
スポーツには、スポーツに起因する痛みや機能障害があり、総称してスポーツ障害といいます。スポーツ障害には外傷と障害に分けられ、外傷は捻挫や肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折など、一度に強い外力が加わることで生じます。また障害は、特定部位に繰り返し外力が加わり、軟部組織の損傷が原因で起こることをいいます。
障害には野球肘や野球肩、テニス肘、ランナー膝などがあり、このようにスポーツ障害になってしまったが、「休まず練習を続けたい」「思うように走れない」などと思っている方たちの声をよく耳にします。体質や疲労が蓄積して治りにくいケースもあり、症状やケガの程度にもよりますが、部位を固定すると本来の動きが出来なくなるため、固定せずに筋肉治療を行い、競技への早期復帰を目指します。このようにスポーツ障害には、筋肉治療が有効なのです。


疑問に思うことなど、どんな事でも問い合わせフォームからお問い合わせください。          和辻 慎吾

投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31