和辻整骨院のブログ

2013年3月24日 日曜日

Q.4 どのタイミングで、どの症状基準で整骨院にいけばいいの?



おはようございます。
なかなか忙しくて、いや怠け癖で更新できていませんが、みなさんお元気ですか?

私のこの症状、整骨院に行けばいいのか?整形なのか?迷うことがありますよね。
そしてこの症状、いつも診てもらっている整骨院に行こうと思うけど、どのタイミングで行けばいいのか?もう少し様子をみるべきか、家で湿布とかで様子みるべきか?ほっといても大丈夫だろうか?と悩んでしまう方がとても多いです。

内科なら熱が、38度越えたら医者に行こか、仕事や学校休もか、37度越えたら運動やめとこか、といった基準が個人個人であると思います。
整骨院の場合なら、怪我してすぐ行くとか基準がありますが、痛めた原因や心当たりがない場合は痛くなってすぐにとか、症状が出ている今、行動する事ができない方が非常に多いです。我慢せずに早く専門家に診せる事が得策です。

朝から症状がきつい、夜中就寝中に痛い、日中でもじっとしているだけでズキズキ痛い、このような場合は炎症がきつく体を治すゴールデンタイムだといえます。何故なら症状が出ている時は、盛んな炎症反応(治す反応)を治療により誘発させます。だから、筋肉治療は好転反応(リバウンド・もみおこし)がよく起こります。それは体が治る過程で痛みや重だるさを出すと理解できます。慢性的な頑固な筋硬結にもリバウンドを触発させないと治らない方もいます。そのために特診の60分の治療があります。



内の患者さんの統計を見ていると、再診で来られる場合は一年以内に来られる場合が多く、一年以上期間が空くと来ずらくなるという声もよく聞きます。
しっかりとゴールへ導き「もう来なくていいよ。今日で卒業!!」という完治宣言が、また悪くなった時患者さんに足を向かわせる要因になるのは言うまでもありません。
あなたは、家で職場でこんな症候が現われたら、注意してね。とか自分でできる個別の検査方法など伝えていきたいです。患者さんと心を一つにして治していきましょう。   和辻





投稿者 株式会社和辻コーポレーション

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30